■発売後10年が経過するGE型フィット

ひげ猫

フィットのボディ部分でよくある不具合は雨漏り事例らしいです

三毛猫

雨漏りの修理自体は大したことない。大体10万弱くらい。でも他の電装系部品への影響が大きいと修理は多額になりやすいようですね

2001年、ホンダから発売されたフィット。1代目は発売16年を過ぎ、オーナーの多くは乗り換えを終えています。

二代目のフィットは発売10年となり、オーナーのみなさんもそろそろ「どうしようかな」と考えている時期ではないでしょうか?

二代目フィットの販売期間は、2007年10月から2013年9月です。この間にフィットを購入された方の大半が二代目フィットのオーナーということになります。

二代目フィットは、型式がGE+6~9であることからGE型と呼ばれます。

GE型のフィットは、初代フィットに改良を加えたモデルチェンジのため、比較的に品質が良い車だといわれていますが、どんな車も乗り続ければ少なからず問題は起こります。

特にボディ周りは、樹脂・ゴム・鉄板の隙間を埋めるシール材など、経年による劣化が進んでいるところです。

今後発生するリスクを事前に把握しておくことで、「もう少し乗り続けるか」それとも「買い替えるか」の判断がしやすくなるはずです。

10年を迎えるGE型のフィットのボディ周りには、どのようなリスクがあるのか解説していきます。

■夏場は注意!室内ダメージが大きい「雨漏り」

初代フィットは、「雨漏れ」が多発しました。

メーカーも対策をうっていますが、二代目フィットでも雨漏れの発生は少なくありません。

雨漏りの原因は大きくはふたつあります。

ひとつは、雨水の侵入を完全に防げないとことにあります。

車のボディは何枚もの鉄板を溶接して重ね合わせてつくります。

重なった鉄板には隙間ができますが、そこから水が入らないようにシール材やラバー部品で、隙間を埋めて密着させます。

しかし、シール材が隙間を埋め切れていなかったり、劣化で切れてしまったりすることもあります。

また、ラバー材が劣化すると密着性が薄れ、ラバーと鉄板の隙間から雨水が室内に入ってしまうんです。

もうひとつの雨漏りの原因は、雨水が意図しない経路で流れてしまうというものです。

前後のドアを同時に開けたときに見えますが、ボディの柱の表面には、凹凸があります。

この凹凸は水を流す方向をつくっています。ボディをつたう水が車内に入らないように、水の流れを車外へと向かわせているんです。

車のボディでは、見えないところでこのような工夫がされているんですが、他の部品の劣化などで、部品は組付けられた位置からズレて水の流れるルートを邪魔することがあります。

邪魔された水は流れやすい方向を目指して進み、結果的に車内に水が流れ込んでしまうというわけです。

二代目フィットでもこれらの原因で、車内に水が入ってしまうことがあるようです。

走る水槽?魚も泳げるほどに水が溜まることも

雨漏れの程度にも大きな差があります。

ジワジワとにじみ出るものもあれば、滝のように水が降ってくる場合もあります。

侵入経路も様々です。天井からつたう場合もあれば、タイヤが巻き上げた地上の水が床から入ってくるケースもあります。

後部の荷室のふたを開けると、魚が泳げるほどに水が溜まっていたという報告もあります。

たくさん雨が降った後、床のカーペットが濡れていないか、荷室に水は溜まっていないか、車内の雨漏れ点検をおすすめします。

車内に雨水が入ると、気温が高い場は水蒸気で窓ガラスが曇ることもあります。

原因不明の車内の曇りは雨漏りかもしれません。

雨漏れするとどうなるの?

まず室内のボルトなど部品がサビついて痛みます。

電気系の部品に水がかかれば、故障の原因にもなり、最悪の場合は火災にもつながりかねません。

また、室内に入った雨水はカビの原因にもなります。

車内はカビの臭いが充満し、快適性は著しく低下するだけでなく、家族やこどもの健康に悪影響を及ぼします。

雨漏りを理由に安く買い叩こうとする業者もいて、雨漏れは資産価値にまで影響がおよぶこともあります。

■雨漏れ修理自体は安価だが、被害にあった部品交換が高い

現在、雨漏りの不具合は通常保証が適用されます。

保証の対象は3年で走行キロが6万キロ以内ですので、二代目フィットのほとんどが保証対象とはならず、有償修理です。

修理費用は、雨漏れが発生する箇所によって異なります。

例えば、ドア周りのゴムの劣化が原因の場合、部品代と工賃で1ドア当たり15,000円前後です。

濡れた床のカーペットを交換する場合、総額6万前後が必要です。

このとき電気系の部品が故障していると、費用はさらに上積みされます。

実際に雨漏れが起きると、他の部品の故障よりも腹がたちます。

くさいし、修理に手間はかかるし、費用もかかる、売却時の査定も心配になります。怒りがぐぐぐとこみ上げてくるのが、雨漏れ不具合なんです。

どうか、二代目フィットのオーナーがそういう気持ちにならないことを祈ります。

■修理が長引くことも…雨漏れの原因を特定する時間がかかる

雨漏れの修理自体は比較的に短時間で行うことができます。

ただし、雨漏れを起こしている部位の特定に時間がかかる場合があります。

実際に車に水をかけながら、「ここでもない、あそこでもない」と確認をしていきます。

少量の水では雨漏れが再現しないケースもあって、テストに時間がかかるんです。

個人的な経験になりますが、雨漏れの原因特定に3ヶ月かかりました。

業者に修理を依頼しましたが、原因がわからず、最終的にディーラーで原因がわかりました。

最初からディーラーに持っていけばよかったと後悔しています。

ディーラーは多くの不具合情報と対策の方法をもっていますので、水漏れのある部位にある程度あたりがつけられます。

ディーラーでも初めての部位からの雨漏れであれば、テストに時間がかかってしまうかもしれません。

その間は車を預けることになるため、代車を手配できるかどうか確認を取りましょう。

■影響が大きすぎる雨漏れ不具合

二代目フィットのオーナーは、「車検をして乗り続けるのか」、それとも「買い替えるのか」を考えなければいけない時期がきています。

修理費用が発生するリスクは、乗り続けるほどに高まるのは間違いありません。

特に、ボディ周りは長年乗り続けてきたことによる劣化や消耗が顕著にでるところです。

雨漏れ不具合は、その最も代表的な不具合といっていいでしょう。

雨漏れが直接的に事故を起こすことはありません。車検も合格します。

しかし、電気系の部品の故障や火災のリスク、さらには車内に発生するカビによる健康被害など、家族と資産価値に及ぼす影響は甚大です。

たかが雨漏り、されど雨漏りです。近年はゲリラ豪雨が頻発しています。

雨が上がったときには、車内を隅々まで点検することをおすすめします。

そして所有する車には雨漏れのリスクがあることを頭の片隅に置きながら、今後のマイカープランを立てるようにしましょう。

>>雨漏りの修理費用と愛車の買取相場をとりあえず比較してみる<<