■発売後10年が経過するGE型フィット

ひげ猫

電装系トラブルでお馴染みのエアコントラブル。猛暑の時に遭遇すると地獄ですね

三毛猫

平均10万前後の修理費用になる模様。いっそのこと買い替えを検討してみるのも吉

2001年、ホンダから発売されたフィット。1代目は発売16年を過ぎ、オーナーの多くは乗り換えを終えています。

二代目のフィットは発売10年となり、オーナーのみなさんもそろそろ「どうしようかな」と考えている時期ではないでしょうか?

二代目フィットの販売期間は、2007年10月から2013年9月です。この間にフィットを購入された方の大半が二代目フィットのオーナーということになります。

二代目フィットは、型式がGE+6~9であることからGE型と呼ばれ、2010年からはハイブリッドも設定されました。

ハイブリッド車にはモーター・バッテリーがあるため、電気の力で走るというイメージがありますが、ガソリン車でもバッテリーをはじめ、多くの電気を使って走っています。

ワイパー・ドアミラー・パワーウィンドウ・カーナビ、安全措置の制御、そしてエンジンの回転さえも電気の力が必要です。

ガソリン車であっても電気自動車みたいなものですよね。

電気を使う部品は、専門的には電装部品とよびます。

電装部品もその他の部品と同じく、劣化や消耗があり、故障するリスクは乗り続けるほどに高まっています。

今後発生するリスクを事前に把握しておくことで、「もう少し乗り続けるか」それとも「買い替えるか」の判断はしやすくなるはずです。

10年を迎えるGE型のフィットの電装部品には、どのようなリスクがあるのかをみていきましょう。

■熱中症に注意!二代目フィットによくある「エアコンが効かない!」

二代目のフィットでは、「エアコンの冷房が効かない」という不具合の報告があがっています。

なぜエアコンの冷房が効かなくなるのか、冷房のメカニズムから確認していきましょう。

冷たい空気がつくられるエアコンのメカニズム

打ち水ってご存知ですか?庭先に水をまいて、水の蒸発に地面の熱をうばわせて、涼をとるっていうやつです。

車の冷房も、この打ち水と同じ原理なんです。水がエアコンガスに代わり、地面はエバポレーターとよばれる蒸発装置に代わります。

エアコンの冷却メカニズムはこうです。

1.エアコンガス:「ぼくを液体にしてくれへん?」
2.コンプレッサー:「任せとき~、お前を圧縮して液体にしたるわ」
3.エアコンガス:「ちょっと中途半端やな。もっと液体にならんやろか」
4.コンデンサー:「よっしゃ、冷やして液体にしたるで」
5.エアコンガス:「ええ感じの液体になったわ」
6.噴射装置:「おい、液体になったらこっちにこい」
7.エアコンガス「了解!いつものやつ頼むわ~」
8.噴射装置「ほな噴射するで~」
9.エアコンガス「気体になって飛んでいくで~」
10.エバポレーター「どんどん俺に吹き付けて」
11.エアコンガス「あんたの熱を奪うやで~」
12.エバポレーター「冷えてくわ~」

このように、気化したエアコンガスに冷やされるエバポレーターに、送風機で風を当てて、冷たい風をつくります。

冷房が効かなくなる原因

エアコンの冷房が効かなくなる原因はふたつあります。

1.エアコンガスの不足や漏れ
2.コンプレッサーの故障

二代目フィットでは、コンプレッサーの故障の報告が多いです。

コンプレッサーは、エンジンの力で動きエアコンガスを圧縮しています。

エアコンの作動時はエンジンから動力を受け取り、エアコン停止時はエンジンからの動力を切り離します。

このエンジンとの動力伝達を担当するのが、マグネットクラッチというコンプレッサーの部品です。

二代目フィットのエアコンが冷えない原因は、このマグネットクラッチか、エンジン動力の伝達のオンオフを行うスイッチのどちらかの故障が多いです。。

エアコンが効かないとどうなる?

炎天下でのドライブはまさに地獄です。汗が吹き出し、のどはカラカラ。大人でも、ぐったりとなります。

小さいお子さんの場合、そんな車内に長時間いれば、熱中症のリスクも高まります。窓は全開にしておかなければいけませんが、夕方になれば虫たちがバンバン飛び込んできます。

エアコンが効かない車でのドライブには、相当の覚悟が必要になるはずです。

■修理費用

コンプレッサーの故障が原因で「冷房が効かない」場合、修理費用は少し幅がでます。エンジンからの動力伝達のオンオフをするスイッチの交換だけなら、比較的に安く済みます。

しかし、コンプレッサーの交換になれば諸々の点検や工賃を含め、約10万円前後かかることもあります。

スイッチの交換:工賃込みで1万円以内
コンプレッサー交換:約6万~約10万円

また、修理を依頼をする業者選びは慎重に行いましょう。

冷房が効かない原因を究明せず、冷房のメカニズムに登場する部品を「全て交換しちゃいました~テヘペロ」という業者もいるようです。

その場合のエアコン修理は、20万円以上かかります。全ての部品が故障している場合は仕方がないですが、ひとつでいいなら納得いかないですよね。ですから、信頼できる業者に修理を依頼するようにしてください。

■修理期間

修理自体にかかる時間は比較的短く、数時間~3日程度で完了します。ただし、夏場は同じ様のエアコン修理などが多く、納期を確認しておくようにしましょう。

また、ごっそり部品交換をしてしまうような業者は費用も時間も掛かります。くれぐれも修理は信頼のおける業者、またはディーラーに依頼しましょう。

■まとめ

エアコンは車検項目ではないため、冷房が効かなくても車検は合格します。しかし、もはやエアコンは車の必須機能です。

炎天下でのドライブ途中でエアコンが故障すれば、小さなこどもを熱中症にさせてしまうこともあります。

買い替えを検討中の二代目フィットのオーナーの皆さんにとって、17年6月に行われた3代目フィットのマイナーモデルチェンジも良いタイミングかもしれません。

新しいフィットで暑い夏場を快適爽やかなドライブを楽しまれてはいかがでしょうか?

>>とりあえず修理費用と買取価格を比較してみるために愛車の買取相場を調べてみる<<