■発売後10年が経過するGE型フィット

ひげ猫

フィットのミッション系の不具合はジャダーという不快な振動が起こるらしいことがよく報告されている

三毛猫

修理費用は40万円となかなか値が張ります。いっそのこと車を買い替えてみてはいかがでしょうか

2001年、ホンダから発売されたフィット。1代目は発売16年を過ぎ、オーナーの多くは乗り換えを終えています。

二代目のフィットは発売10年となり、オーナーのみなさんもそろそろ「どうしようかな」と考えている時期ではないでしょうか?

二代目フィットの販売期間は、2007年10月から2013年9月です。この間にフィットを購入された方の大半が二代目フィットのオーナーということになります。

二代目フィットは、型式がGE+6~9であることからGE型と呼ばれます。

GE型のフィットは、初代フィットに改良を加えたモデルチェンジのため、比較的に品質が良い車だといわれていますが、どんな車も乗り続ければ少なからず問題は起こります。

特にミッションは、初代フィットで車体に振動が起きる不具合の原因になっており、メーカーも保証期間の延長をアナウンスしています。

二代目フィットでも同じ方式のミッションを搭載しています。対策はされているようですが、同じ不具合が少なからず報告されています。

今後発生するリスクを事前に把握しておくことで、「もう少し乗り続けるか」それとも「買い替えるか」の判断もしやすくなるはずです。

10年を迎えるGE型のフィットのミッションに、どのようなリスクがあるのか解説していきます。

■ブルブルするのは不具合です!「CVTミッションのジャダー」

ブレーキを踏んだり、発進したりするときに、ハンドルや車体にブルブルっと振動を感じたことはありませんか?

それジャダーという不具合です。

「ジャダー?初耳なんですけど」という方のために、わかりやすく説明をしていきますね。

ジャダーって何ジャ?

ジャダーとは、「摩擦を利用する装置で、正常に力な摩擦をしない場合に起こる音の発生や振動」です

ブルブルっとする振動はまだ初期段階です。

ひどい場合は、発進時や減速時に、「ドドドドド」っという具合にハンドルや車体が振動します。

少しずつ振動が大きくなる場合は、気がつかないオーナーも多いようです。

しかし、一度気になると、ほんとに不快になります。

低周波の音を発する場合もあって、気持ちが悪くなることもあります。

助手席に乗せた知人に「この車ものすごい振動だよね…( ̄∇ ̄ハッハッハ」と言われ、恥ずかしさのあまり、買い替えたオーナーもいるほどです。

オーナーをはずかしめるジャダーの原因は、ミッションにあります。

すいません、ミッションの役割をおしえてください

はい。ミッションについても、おさらいしておきましょうね。

車はタイヤを回して進みます。タイヤを回す力をつくるのがエンジンです。

簡単にいうと、ミッションの役割は、エンジンからタイヤに力を伝達することです。

「エンジンが直接タイヤをまわせばいいじゃん?」

そう思うのですが、状況に応じてエンジンの力を変化させることで、走りはスムーズになり、燃費もよくなるので、力を変化させる装置であるミッションが必要なんです。

例えば、走り始めは重たくて進みにくいですよね。

そんなときは、タイヤを回転させる速度よりもタイヤをねじる力を入れたほうが、前に進みやすいですよね。

逆に、高速で走っているときは、回転速度をあげてタイヤの回転あげ、タイヤ回転に抵抗になるねじる力を弱めることで、スムーズな走りになります。

このように、ミッションは、エンジンがつくった力を走行状況に最適なものに変換する役割を担っていて、ミッションが変速機ともよばれる理由なんです。

ミッションのジャダーが起こる原因

ミッションのジャダーの原因はひとつではありません。

一例で「エンジンとミッションの動力伝達におけるジャダー」を紹介しますね。

エンジンには高速で回転する円盤がついています。

この円盤にミッションについている円盤を押し当てると摩擦が起きます。

この摩擦により、エンジンからミッションに力が伝わります。

このとき、「ミッション内部のオイルが劣化や、ミッションの円盤が摩耗していると、異常な摩擦が起きて、発進時にジャダーを発生させる」というのがメーカーのアナウンスです。

ちょっとお待ちを。ミッションオイルや円盤はもともと消耗品です。

メーカーのアナウンスは、「ユーザーがメンテナンスをしていないと、ジャダーは起こりますよ」というふうに聞こえませんか?

ユーザーに非があるなら保証延長しなくてもいいと思うのですが、保証を延長しているということは、少なからず責任を感じています。

しかし原因がユーザーにあるようなアナウンスは、やや不信を感じますよね。

ジャダーを放置しておくと走らなくなる?

ジャダーが発生しても、すぐに走らなくなるということはありません。

ただ、発進や減速のたびに「ドドドドド。ガタガタガタ」っという大きな振動はものすごく不快です。

ジャダーが発生したオーナーの多くは、「この振動には耐えられない」と言います。

また、「修理しても直らない」と訴えるユーザーも多く、ジャダーは根本的な解決ができない場合が多いです。

■簡単には直らない!直し方によっては40万円以上かかるミッション

二代目フィットは対策により、全体でみれば、初代フィットほどジャダーの発生は多くありません。

ですが、この発生数が少ないことで、二代目フィットは保証延長がありません。

通常の保証期間のため、今後ジャダーが発生すれば、有償修理ということになります。

・ミッションオイル交換:工賃込みで1万円以内
・ミッションの円盤とオイル交換:工賃込みで7万円
・ミッション交換:部品代と工賃込みで約20万円~30万円

ミッションのオイル交換でジャダーが直る可能性は極めて低いです。オイルとミッション円盤のセット交換が必要で、高額な修理費用になります。

それでも直らない場合は、最終手段のミッション丸ごと交換です。

この場合、約30万円もの費用がかかってしまいます。

ミッションオイルと円盤を交換した後、再発するからミッション丸ごと交換となれば、40万円以上の費用がかかることになります。

■ミッション交換なら時間がかかる!ジャダーの修理期間

ミッションオイルと円盤の交換なら1日もかかりません。

ただし、ミッション交換となると、新しいミッションをメーカーから取り寄せる必要があるため、1週間以上はかかると考えておいたほうが良いです。

メーカーの在庫の状況によっては、それ以上かかる場合もあり、ネット上では、「3ヶ月ほど待たされた」という声もあります。

また、ジャダーは再び発生する可能性もあり、長期間にわたって振動を感じながら運転することも覚悟しておかなければいけません。

■日常のメンテナンスを怠っている方は注意が必要

ジャダーはメーカー責任の不具合です。

しかし、摩擦のはたらきによる部品という特性上、日常メンテナンスが不足している車では、その発生リスクは高まっています。

>>ジャダーの修理費用と愛車の買取相場を比較してみる<<<